道中ご無事で…(^_^)v

バイク・ツーリング・キャンプ・温泉などなどの個人的趣味と日常のあれやこれやの自己満足ブログです。親サイト(http://peacesigntourer.web.fc2.com/)も更新頑張ります。





3タテのラストは八丁ノ湯です。ここは建物がログハウス調で別荘の雰囲気がすごく好きです。

ここも500円で、露天風呂3つ(混浴)に入れます。
泉質は1つ(?)かな?大量の湯の華が舞う透明な湯でした。

圧巻なのは眺めです!
滝が目の前にあるんです。下の湯からは滝を見上げながら温泉に浸かることができるんですね。
そして滝中腹の高さにもよくそうがあって、なんと滝を触ることができます!

これはなかなかない秘湯らしい景観です。それもプラスされて湯の華舞うお湯の中にいるととても癒されます。最後にここにしておいてホントに良かったと思います。

自己評価は☆5です。ここは遊歩道から一番近いということもあるので是非お勧めです。
スポンサーサイト
このページのトップへ




加仁湯温泉に戻ってきました。建物が立派ですね~。
日帰り温泉はこちらも500円です。(全て混浴)

内湯は清掃中で敢えなくパスとなりました。
露天は利き酒ならぬ、利き湯があり、一人用の湯船で湯の違いが楽しめます。一番左は熱すぎて入れず(笑)

次にメインの露天風呂に行きました。広くて向かいの新緑とちいさな滝を見ながらのナイスビューです。

乳白色の湯はこちらも体に刺激が強すぎない硫黄系ですね。
露天なので少し虫などは浮いていますが、きれいに管理されています。

もしもの為に用意した2リッターの水も、温泉で流した水分補給に役に立ちました。

自己評価は☆4.5かな。
なんか少し秘湯って感じが薄いんですよね。湯の鮮度かなぁ。 このページのトップへ



日光澤温泉にやってきました。9時からの日帰りなので少し待ち時間があり、看板ワンコを眺めながら、遅めの朝食です。

料金は500円で、露天2つ(混浴)に入れます。
上の湯は透明で、下の湯は白濁湯です。

透明の湯は最初に入ったのもありますが、湯の鮮度もよく、少しぬるめで入りやすいです。素朴な感じが秘湯の雰囲気たっぷりです。

白濁湯の方は透明度25cmくらいで、強烈すぎない割りと入りやすい硫黄泉でした。

個人的な評価は星5です。
都心から日帰りで行ける秘湯としては素晴らしいのでお勧めです。
2つの泉質を楽しめるのも贅沢ですね。 つづく このページのトップへ





奥鬼怒温泉に向けていざ出発です。一番遠い日光澤温泉までは1時間20分。

スタートは急な登りで、(-_-;)って感じですが、それ以降は楽に歩けます。
看板も出てますし、日中であればまず迷うことはないでしょう。

キレイな新緑の中をせせらぎや鳥の歌をBGMにしながら歩くと気持ちがいいですね~。
ついつい自分も口ずさんでしまいます。『ある~日、森の中、熊さんに~出会った~♪』

そうです!熊さんは危険ですので、熊鈴と一矢報いる為の凶器は忘れずに!

そんなこんなで45分で八丁ノ湯に到着!
・・・早すぎた。んで、スルーして、一番奥の日光澤温泉までで丁度60分くらいでした。健脚の方ならこれぐらいで行けますよ!
次回、温泉編です。 このページのトップへ



昨日、今年やりたいベスト3のうちの1つを実行してきました。

日光ICを降りて霧降高原を抜け、女夫淵駐車場までやってきました。
なんとか目標の朝7時着にまにあいました。

ここは一般車両の通れる終着点です。ここからの交通手段はもちろん徒歩!

一応山なので舐めたらイカンってことで水や食料、雨具、シート、熊鈴、登山服、登山靴など全て持ってきました。
それでいて数時間バイクに戻れないので鍵のかかるトリプルパニアとなりました。

八丁ノ湯、加仁湯、日光澤温泉の3つは日帰り可能で9時からです。
何回も来れるところではないので、『3タテ』しましょう!!つづく
このページのトップへ

FC2Ad

Information

hokuto
  • Author: hokuto
  • バイク・ツーリング・キャンプ・温泉・写真などなど、多趣味です。絶景を見たり、絶品を食べたり、温泉に入ったり、キャンプで大地を寝床にしたり、一期一会の旅の出会いは最高ですね~。そんな趣味の溢れんばかりのネタをひけらかすので、ご参考にどうぞ~。

Search

Calendar

05 « 2017/06 » 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -